会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

世界が認めるグローバル人財とは!(1)〜過去と未来の時間軸のバランス〜

JUGEMテーマ:ビジネス
◆会議の点検
 まずは、皆さんが、普段、職場で参加されている会議のことを思い出してください。取り上げられているテーマは、どちらが多いでしょうか? どちらに、時間とエネルギーを掛けているでしょうか?
  ⇒過去の事を取り上げる・・・
  「どうして、目標が達成できなかったんだ?」「クレームの原因は何んだ?」「なんで、ちゃんと準備しなかった?」

  ⇒未来の事を取り上げる・・・
  「達成したい目標って何?」「どんな職場にしたい?」「どんなビジネスマンになりたい?」「あなたの夢は何?」


 大半の職場が、未来のことより、圧倒的に、過去のことをテーマにしていることでしょう。最近、気付いたことは、どうも、私たち日本人は、仏教の影響があると思われますが、無意識の内に、「反省、つまり、過去の時間軸をとても大切にしているんだ」と言うこと。この事は、決して、悪いことではありません。ただし、どうも、反省で自己満足する傾向があるようです。何としても夢を実現するぞ、成功したいという志向性が弱いようです。過去を振り返り、反省するのは、明日のため、未来のためです。マネジメント・サイクルであるPDCAPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)>のCheckは、明日のため、未来のためにあるのです。
 
◆なぜ、日本で改善小集団活動QCサークルが発展したのか
戦後、デミング博士が指導された改善小集団活動QCサークルは、アメリカでは普及しなかったのに、日本では、すんなりと取り入れられ、一時、世界一の製品を作れるバックボーンになった理由の一つが、過去を振り返り、反省するという日本人の文化にあったのではないでしょうか。
 
◆未来の時間軸を意識しよう
 一方、アメリカに代表される文化は、日本とは反対で、どうも、過去の時間軸に意識を向けて反省することが嫌いな代わりに、アメリカン・ドリームやナポレオン・ヒルに代表される成功哲学に象徴されるように、未来の時間軸が強いようです。ぜひ、日本人の私たちも、この未来の時間軸を自分のものにしたいものです。
 今号で、私が皆様にお勧めしたいことは、ワクワクする未来を夢見る生き方です。私の名刺には、3つのビジョンを載せてあります。
 個人のビジョン 家族のビジョン 組織のビジョン
 ビジョンを語り合う時、私たちの眼は輝くようにできています。
「どうしたいのか?」「どうなりたいのか?」を熱く語り合う場を創りましょう。そして、イメージ・トレーニングを取り入れましょう。疑似的であろうと、成功体験を得ることができるからです。夢を見える化したものがビジョンです。
 
◆未来の夢に描きたいもの
皆さんは、「地球憲章」と「地球市民」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?
「地球憲章」とは、2000年に、国連が、世界70億の人に向けて発表したもので、「地球環境を維持するために必要な、国家および国家間の行動のための新しい規範」として定められたものです。
この「地球憲章」の前文の中で、「私たちが未来に向かって前進するためには、自分たちは、素晴らしい多様性に満ちた文化や生物種と共存する、ひとつの人類家族であり、地球共同体の一員であるということを認識しなければならない。」というメッセージが語られています。
 「地球市民」とは、この前文のメッセージにある「私たちは、ひとつの人類家族であり、地球共同体の一員である」という意識をもち、行動している人々のことです。自分の夢の中に「地球市民」としての意識が持てるよう、そして、日々の生活において、行動できるようになることが私自身の成長目標でもあります。
 
| 世界が認めるグローバル人財とは | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0)

ベストモチベーションカンパニーアワード2014

JUGEMテーマ:ビジネス


36日、「ベストモチベーションカンパニーアワード2014」を発表されました。同賞は2013年社員モチベーション調査実施企業147社からモチベーション指数の高い企業10社を選出したもので、1位は、ホテルチェーンを展開するスーパーホテルでした。
1位に輝いたスーパーホテルは、日本経営品質賞を受賞しています。
14,980円と安価でありながら質の高いサービスを提供し、全国展開を行っています。「自律型感動人間を目指す社員たちの高いモチベーションがあった」(同社会長 山本 梁介氏)という言葉に象徴されています。

TOP10に選出された企業は
「未来への明確な指針」
「職場での高い目標共有度」
「手触り感のある仕事内容」というキーワードが共通する要素だそうです。
こんな会社にしたいですね。










 
| マネジメント | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0)

ダイバーシティが組織に奇跡をおこす 〜個人の力を組織の力へ〜

 
JUGEMテーマ:ビジネス
今号は、ダイバーシティがテーマです。ダイバーシティという言葉自体聞いたことが無いという方もまだ大勢いらっしゃるようです。
 とりあえずダイバーシティの意味をご紹介いたします。
 
ダイバーシティの意味
ダイバーシティとは、「多様性」という意味です。人の多様性といった場合、性別や年齢といった、比較的、外見でわかりやすいものだけでなく、性格や価値観など、外見からは見えにくいものも含めて考える必要があります。ダイバーシティ・マネジメントとは一人ひとりの違いを尊重し、一人ひとりを活かす組織を形成していくことです。
 
続きを読む >>
| - | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0)

子供が天才になるスイッチ 〜子供から学ぶ目標管理〜

JUGEMテーマ:育児


今、あなたは自分自身を天才だと思っているでしょうか?
部下のことを天才だと思っているでしょうか?
誰もが、イチロー選手になれる可能性を持っていると思っているでしょうか? 
もし、NOなら、今号はお役に立つことでしょう。

続きを読む >>
| 推薦本 | 04:14 | comments(0) | trackbacks(0)

森信三の世界 〜人生二度なし〜

JUGEMテーマ:学問・学校
 

今、あなたの人生は豊かな喜びにあふれているでしょうか?
今号は、神渡良平先生が書かれている書籍「森信三の世界/佼成出版社」と森信三師が天王寺師範の講師時代に記録した「修身教授録/致知出版社」から、豊かな人生を送る上のモデルとしたい森信三師を取り上げることにいたします。


続きを読む >>
| 推薦本 | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0)

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。