会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 新日本的経営の考察(3) | main | 会議の進め方(2) >>

会議の進め方(1)

―何を準備すべきか―

 会議の進め方が今回のシリーズのテーマです。
 さて、あなたは「会議」に対してどんなイメージを持っているでしょうか?「話し合っても無駄」,「言いだしっぺが損をする」、「時間がもったいない」など。好ましいとはいえないこんな考えを持つ人は,かなり多いのではないでしょうか。
まずは、会議を生産性の高い有効なものにするためには、「何を準備すべきか」会議に先立つ計画準備からスタートいたしましょう。
手始めに、今開催されている会議について、下記のチェックをしてみてください。
1.会議は、本当に必要な会議であったか?
2.議題や討議順序を事前に参加者に知らせたか?
3.事前に会議場所、開始時間、予定会議時間を参加者に明確に知らせたか?
4.目的に合った予定時間になっていたか?
5.目的に合った開始時間になっていたか?
6.目的に合った会議場所になっていたか?
7.参加者は、会議の目的に相応しいメンバーであったか?
8.十分な情報と準備時問を、参加者に与えたか?
9.参加を求める理由を、出席者に事前にハッキリ知らせているか?
10.参加者は、目的意識と期待感をもって参加したか?
11.進行役・議事録・タイムキーパー役など、メンバーの役割がハッキリしていたか?
12.会議で決まったことを実行できる立場にあるか?
13.適切な人数=(会議時間-20分)÷(1分×10回発言) 会議時間からあいさつ・まとめ時間20分を引き、一人当たり1分間の意見を10回発言するとします。

 どうでしたか? 意外と抜けていた項目があったのでは、ないでしょうか。事前の段取りが成果を上げる八分だということを忘れないようにしたいものです。
| 会議の進め方 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/1501833
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。