会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< マネジメント強化プログラム(3) | main | マネジメント強化プログラム(5) >>

マネジメント強化プログラム(4)

―将来を創造する―

 今号は、いよいよ「将来を創造する」ステップです。
今迄で、過去3年の経営活動の結果を明らかにし、その結果を生み出したマネジメントについて組織のPDCA能力を振り返ってきました。さらに、マネジメントの方向性を決める戦略課題づくりについても、過去3年を振り返ってきました。その上で、マネジメントの課題と戦略の課題をまとめました。
 さて、次に行うことは、今後3ヵ年の計画を立案することです。具体的には3年間で実現したい「革新的な顧客価値」とそれが提供できたかどうかを判断する成果目標を掲げ、その実現のための具体的戦略、方針を作るということです。そして、その戦略、方針を部門の目標と達成のための実行計画に落とし込むのです。
さあ、その時に、PDCAが回ってこなかった「真の原因」をトップを始めとした経営幹部自身が懺悔し、その計画が実行できるように現場を支援することです。

このステップは2つです。
●STEP1 今後の戦略を考える
●STEP2 具体的アクションプランを考える
では、内容を見ていきましょう。
●STEP1 今後の戦略を考える
 このステップでは、3年前の戦略課題をつくる活動の振り返りから明らかにした課題を反映して、今後の戦略を考えます。
(1)今後3年間、あなたの組織は、誰にどのような価値を提供しようと考えますか?
(2)なぜ、そう考えましたか。そのように考えた背景や理由を述べてください。
(3)価値を提供することによって達成したいことは何で、その成果が達成できたかどうかを判断する基準はどのような指標と目標値としますか。
(4)顧客に価値を提供するうえで、あなたが考える組織の強み/弱み、および事業環境についてどう考えるかをお聞かせください。
(5)3年間の財務データ(売上、粗利、営業利益、資産)を振り返って下さい。
(6)強み/弱み、事業機会と脅威から、今後3年間、顧客に価値を提供し競合を上回るいい仕事をするために、どのような活動に注力しようと考えますか。顧客価値を達成するための主たる取り組みを示して下さい。

●STEP2 具体的アクションプランを考える
 今後3年間の主たる戦略テーマを記述したら、このテーマを実現する具体的なアクションプランを作成します。アクションプランは必ず実現するものとして「コミットメント」します。コミットメントとは、自分自身への約束として、第一優先に行動することを意味します。経営者として不退転の決意として、必ず成し遂げることをアクションプランにして完成です。作成は次の6つの手順で行います。

1.活動領域を選択する
2.その活動の「目的」を考える
3.その活動について「何をどのように行うか」を考える
4.「目的達成を確認する指標」を考える
5.「目標」を明示する
6.「達成時期」を考える

〈アクションプランの作成ポイント〉
1.活動領域を選択する
活動領域の選択は、自分の組織でできることを前提に、業績向上につながる活動を選択します。製品・サービスが提供する価値から重要な領域を選択します。誰に、どのような価値を提供する製品・サービスを生み出そうとしているのかという視点から見て、マネジメント課題を考えて製品・サービスに重要な活動を選択します。

2.活動の「目的」を考える
各活動の目的は「顧客価値」を実現することです。具体的に顧客は製品・サービスからどのような価値を受けるかを考えます。常に顧客の立場で考える必要があります。顧客価値の視点から各活動の目的を考えます。

3.活動について「何をどのように行うか」を考える
「何をどのように行うか」を考えることは、顧客価値を実現する方法を決めることです。方法を決める際に重要なことは、価値実現に最も効果のある方法を考えることです。この効果的な方法を考えるには、現場の知恵を活用することが必要です。

4.「目的の達成を確認する指標」を考える
目的が達成できたどうかを判断するための指標を考えます(成果指標)。成果を得るための活動の量(どの程度行うか)を測定する指標を考えます。これは「行動指標」というものです。

5.「目標」を明示する
成果として達成すべき目標値(成果指標を用いて達成しようとする値)を設定します。この成果の達成に必要な行動量の目標値(行動指標を用いて達成しようとする値)を設定します。具体的な目標値の設定がPDCAのC(評価)を正しく行う前提条件です。

6.「達成時期」を考える
いつまでに達成するのかは重要です。まずは、6ヶ月あるいは1年を期間として考えます。
(参考資料:マネジメント強化プログラム/日本生産性本部・経営品質推進センター)
| マネジメント強化プログラム | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/1630756
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。