会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 組織心理学とは(3) | main | 組織心理学とは(5) >>

組織心理学とは(4)

−カルバートン小学校の奇跡−

2002年に放映されたNHKスペシャル「授業崩壊からの脱出〜シャロン校長の学校改革〜」をご覧になったでしょうか。いかに、「卓越したリーダーシップ」の存在が、奇跡を起こすのかを見ることができます。
●当時の学校の状況はどうだったでしょうか!
 ロンドンにあるカルバートン小学校(児童314人/15クラス)がある地区は、住民に難民も居り、55%がアジア・アフリカ等からの移民で構成されたエリアでした。失業率は15%以上、全世帯の60%が生活保護を受けるという、経済状況です。
 そのため、シャロン校長が赴任するまでは、保護者の学校教育に関する関心は低く、授業においても、生徒が騒いで授業崩壊してしまうことは日常茶飯事であり、当然ながら、生徒の学力は、毎年行われる全国一斉テストで、学校平均が300点満点中44点という、全国的に最低レベルでした。
そんな状況の中で、この学校を何とかしようと、シャロンさんは、志願して校長となり、5年で不登校・授業崩壊を一掃し、なんと全国一斉テストで44点を282点にまで引き上げたのです。

●シャロン校長ってどんな人!
シャロンさんは、22歳で教師となって以来、ずっと教職を続けていましたが、自分の娘テイタムちゃんが、脳腫瘍の手術の後遺症で障害児になったことが、大きな転機となりました。「本当に子供のためになる教育とは何か」について深く悩み、その実践の場として、授業崩壊しているような困難な学校の校長を志願したと言われています。

彼女の「卓越したリーダーシップ」の中身を検証してみましょう。
●シャロン校長の実践から見えた学校改革のリーダーシップとは!
≪校長には教師を育てる役割がある≫
シャロン校長は、「学校に通う子供を、良くも悪くも変えるのは教師」だと考えており、良い教師の人材像として、
子供が好きであり、良い教師になりたいと強く思っている教師
子供を信じるとともに、子供の思いや考えをよく聞く教師
日々の教育実践活動を検証し、次に生かせる教師
このような「良い教師」の人材像を前提に、素晴らしい教師を育成する責任が、校長には求められているという使命感があります。従って、教師には、徹底して、「楽しい授業、児童が参加できる授業」の実現を求め、校長自らが各教室を随時観察してその指導力の向上を促しました。教師同士の授業の研究もやってもらいました。現在でも校長は、毎日授業を観察し、自ら考案したチェックリストを用いて、教材の内容と準備・児童の理解度・児童の授業への参加の程度等を評価し、その結果を本人へ伝達し、改善を促すという方法を続けているそうです。

≪学習効果を高める授業の創意工夫と子供たちへの動機付け≫
「面白い授業で、子供たちを夢中にさせること、それが学力の向上につながる」という考え方のもと、ほとんどのクラスにおいて、座学ではなく、創意工夫された教材や指導方法や、子供たちに多様な体験を通して学ぶ仕掛けがあり、どの子供たちも、興味・関心を持ちながら学習に集中できるノウハウの共有がされています。

≪保護者との同志的協力関係づくり≫
 シャロン校長は、保護者と一緒に学校を建て直すことを考えました。保護者の意見に耳を傾ける一方、保護者と校長が、その責任分担について、「家庭と学校の契約」という形で文書を取り交わしました。
具体的には、保護者の責任として、「子供を早く寝かせる」・「毎日ちゃんと学校に来させる」・「保護者が宿題を見る」等、よい生活習慣を身につけさせること。そして、保護者へ学校への参加を求めました。子供たちにとって、教室が楽しい居心地のよい場所になるよう、学習環境の整備として、教室のレイアウト、環境整備を保護者に協力してもらうこと。理解の遅い子供の授業に、教育アシスタントとして、保護者にボランティアとして協力してもらうこと等。

≪リーダーとしての覚悟と勇気≫
「厳しいトップの決断は、その人の人生観によるものであり、たとえ失敗に終わっても後悔はしません。」というシャロン校長の言葉に、リーダーとしての覚悟と勇気を感じます。

 リーダーシップは、これほどの成果を生みだす力を持っているのです。
改めて、リーダーシップを再考したいものです。
| 組織心理学とは! | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/1630767
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。