会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 愛すべきドラッカー(7) | main | 誇りあるセールスの世界(2) >>

誇りあるセールスの世界(1)

JUGEMテーマ:ビジネス
 

〜売れる人と売れない人〜

 

 今号から、新しいシリーズ「誇りあるセールスの世界」です。どんな事業の会社であろうと、自社の生み出す製品やサービスの価値をセールスしなくてよい会社はありません。もっと言えば、「自分をセールス」しなくてよいビジネス・パーソンは一人もいない筈です。ぜひ、このシリーズで、全てのビジネス・パースンに「誇りあるセールスの世界」を手に入れてほしいものです。

 というのも、残念ながら、私自身、ビジネスマン人生の前半に体験させてもらったセールスの世界で、「誇り」は持てなかったのです。むしろ、「嫌っていた」と言っていいかも知れません。なぜ、誇りが持てなかったのかも、振り返る機会とさせていただきます。

 

このシリーズを書く上で、きっかけとなったセールスプログラムがあります。成績を上げたいセールス・パーソンの方にはご紹介いたしますので、お問い合わせください。

 

 最初に、セールス・パースンを分類してみましょう。

●ビジネス・パースンの分類

継続成長型・・・3%のグループ

お客様に貢献したいと日々切磋琢磨し、大きな成果を継続的に出し続けている一流の人達です。

自己満足型・・・10%のグループ

器用な人で、ある程度成果を出し、人並み以上収入があることに満足している人達です。

現状維持型・・・60%のグループ

ここには、横並びでよしとする、人並みの平凡な成果を得ている人達です。

不平不満型・・・27%のグループ

なかなか成果が出ない理由を人のせいにして、愚痴や不平を言うだけの人達です。

 

 リコー時代の私は、「現状維持型」と「不平不満型」を行ったり来たりしていたと思いますが、皆さんは、どの分類に入ると思われますか?

 今の私は、「継続成長型」に大分、近づけて来たかなといったところでしょうか。

 

●継続成長型の3%のグループに入る方法

継続成長型の3%のグループに入りたいなら、まずは、「継続成長型の3%のグループに入りたい」という明確な目標を自ら掲げる必要があります。ただし、「何のために、3%のグループに入りたいのか」をとことん掘り下げることが条件です。なぜなら、それをやらないと目標はあるけど、目的が無いという状態になるからです。目的意識が弱いということは、「やる気の動機がない」ことと同じですから、すぐに、途中で挫折することになります。

そして、次のステップとして、「どんなセールス・パースンになりたいのか」わくわくする自分の理想像を持つことが必要です。モデルを探して下さい。モデルのような具体的なイメージがあると、理想像を描き易くなるからです。

 

●これからの時代に求められる人材像

 理想像を描く時、「これからの時代に求められる人材像」をぜひ、検証してほしいものです。

  豊かな人間関係がつくれる人

 私が考えるセールス・パースンの理想像は、「豊かな人間関係がつくれる人」です。全ては「人間関係」から生まれるからです。

 例えば、

・収入面での成功も、お客様や社内の人間関係を通して得られます。

・家庭で幸せを感じる瞬間は、家族との人間関係です。

・社会生活面での成功も、友人、知人、人の縁を通して得られます。

・趣味やレジャーを楽しむ時、一緒に楽しむ仲間がいるかどうかで、楽しみ方が変わります。

・精神面でのストレスは、人間関係上のトラブルが中心です。

 セールスする能力とは、豊かな人間関係がつくれる能力なのだと思います。

  豊かな人間関係をつくる能力とは

 「豊かな人間関係がつくれる能力」とは、何でしょう。

実は、リコー時代の私にとって、一番苦手だったことでした。それは、「感性・愛情」です。これこそが、本来の人間ならではの能力です。

人を感動させ、動機付け、行動へと導く能力でもあります。一番苦手だった私が、「感性・愛情」を中心とした人間力を磨き上げる研修をさせていただいていることに人生の不思議さを感じます。

今の私の名刺に書いている「幸援家」に込めた「愛の伝道師」としての使命を強く感じるようになれたのも、一番苦手だったという経験があるからだとつくづく思います。

 

●これからの時代に求められるセールスの仕事

 「モノを売る」というセールスの仕事は、変わりました。どう変わったのでしょうか?

 お客様が変わったからです。

何を選んだら良いのか、迷ってしまう。 今買っても良いのだろうか、迷ってしまう。どこから買ったらよいか、迷ってしまう。

一方、売る側も変わったからです。

何が売れるのか分からない。迷いの世界です。

 

「モノを売る」というセールスの仕事は、迷いの中にある「お客様の購買代理人」という仕事に変わったのです。

なのに、ついつい、売れない理由を不景気のせいにして、自分を慰めてどうすると言うことです。人生を豊かにする「迷える時代」のセールスを次号から、一緒に考えて行きましょう。お楽しみに。

| 誇りあるセールスの世界 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/1630790
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。