会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 輝く未来を創るキャリアデザイン(3) | main | 輝く未来を創るキャリアデザイン(5) >>

輝く未来を創るキャリアデザイン(4)

JUGEMテーマ:ビジネス
 

自己信頼度を高める

 

 今号は、キャリアを形成する上でその可能性に強い影響を与えている「自己信頼度、自己重要感」を高めることがテーマです。

 実は、私自身、小学校三年生の通知表には、担任先生のコメント欄に「正利くんはおどおどしたところがあり、自信がないようです」と書かれています。そのままでしたら、今の私のキャリアは100%無かったでしょう。

 では、なぜ少年期の私は「自己信頼度、自己重要感」が低かったのでしょう。途中から、なぜ、「自己信頼度、自己重要感」が上がったのでしょうか。

 

◆褒められて育つと子どもは社会適応力が2倍になる

 ある時期まで、少年期に、私の「自己信頼度、自己重要感」が低かった理由は、病弱で授業を欠席がちであったため学力が低かったから、運動会でかけっこが苦手だったからだと思っていましたが、今では、真の原因は「社会適応力」が低かったことが原因だったのだと分かりました。

「社会適応力」とは、自分から親に話しかける主体性や他の人に合わせて行動する力です。つまり、親との関係がうまく行かなかったこと、友達を作れなかったことが「自己信頼度、自己重要感」の低さにつながっていたんですね。

科学技術振興機構での調査結果がそのことを物語っています。5年間にわたり400人の赤ちゃんと親を、「親のストレスの強さ」や「遊ぶ時間が多いか」など多くの項目で調べた結果、「社会適応力」に影響を与えている最大の要因が「ほめられて育ったかどうか」だったのです。

 

◆ほめられた時の脳の反応

自然科学研究機構生理学研究所の定藤規弘教授グループが発表した研究によると、人はほめられると「心」がうれしくなり、その時、脳の中でどんな反応が起きているのかをが解明されました。

 男女(平均年齢21歳)の19人に、ほめられる状況と、報酬としてお金がもらえる状況の二つの状況をテストして、脳の反応を比較したのですが、なんと、他人に褒められると反応する脳の部位は、お金のような報酬をもらえるときに反応する脳の「線条体」と同じ部位であることが明らかとなったのです。ジャーン。

 ほめられることが、実際に脳においては「喜び」となり、お金などの「報酬」と共通に受け取られている訳ですから、ほめることは「コミュニケーション報酬」の一つだということを忘れないようにしたいものです。

 

◆自分をほめる

もうお分かりでしょう。途中から、なぜ、私の「自己信頼度、自己重要感」が上がったのか、この答えが、ほめると言う「コミュニケーション報酬」を自分が自分に与えたからなのです。今の仕事を37歳で始めた時、研修講師の体験はゼロでしたから、「自己信頼度、自己重要感」は低かったのです。そこで、「自分をほめる」ことを始めました。毎晩、寝る前に鏡の自分に向けて、「石橋さん、あなたは大勢の人の前でも、堂々と自信にあふれていますよ。熱い想いが伝わってきます」と言い続けましたし、家内に「俺は世の中に役立つ大きな使命があると思うんだ」「今年は、自分を必要とする経営者と会える気がする」など、言い続けたのです。「人間は自分が考えた通りの人間になる」という法則を実行してみた訳です。

 

自己イメージを高める

自己イメージとは、自分は○○な人間だと考えている概念です。適性診断などで表われる結果も自己イメージです。「人間は自分が考えた通りの人間になる」という法則からすれば、自己イメージを変えていくことで、自らの壁を取り払い、前進する事が可能になります。自分では気付きにくいことですが、ある一定の壁を自分の限界だと考えて、その壁を超えて挑戦しようとしない人がいます。自分で自分にブレーキをかけてしまって、これ以上は無理だ、もう限界だと思い込んでしまうことは、実はもったいないことなのです。物事で上手くいく、上手くいかないかの結果は、心の中にあるイメージが大きく関係しているのです。自己イメージを変えていくことで、自分のもっている本当の力を引き出す事もできるのです。自己イメージを変えるには、静かな安定した心の状態で、脳波がアルファ波になっているとき、心の中で自分に必要な暗示を唱えます。一度だけでなく、継続的に一定の期間行った方が効果的でしょう。しばらく続けて練習すると自らのパワーが発揮できる場面が増えてきます。これは、心のメンタルブロックが外れて、自由な発想になった証拠です。

 

 ピューリッツァー賞4度受賞した詩人ロバート・フロストは、次のような詩を残している。

“自分で自分を押さえつけていることに気付かなければ、

いつまでたっても、強くはなれない”

 

◆自己イメージを高めるための3つのメッセージ

1.私はかけがえのない人間だ・・・

 生きていること、自分が自分であることに幸せに感じる。

2.私は何でもできる・・・

 私はワクワクする未来のために、今を生きている
 昔の失敗? それがどうした! 大切なのは今、私が何を考え、その考えを使って何をするかということだけだ。

3.私は自分が大好きだ・・

自分を好きになったら、初めて人を愛せるようになる

 

 自分が変われば、自分を取り巻くものも、ひとつ残らず変わっていく。すべては自分次第!

| 輝く未来を創るキャリアデザイン | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/1630801
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。