会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 心の復元力を高める(1) | main | 心の復元力を高める(3) >>

心の復元力を高める(2)

JUGEMテーマ:ビジネス


〜心の復元力の5ステップ〜

 今号は、逆境に直面した人がその修羅場を乗り切る「心の復元力を高める」ために必要な5つのステップ
ステップ 嵜瓦離丱薀鵐垢鯤櫃帖
ステップ◆嵜看杙の問題解決力を高める」
ステップ「自己イメージを高める」
ステップぁ崋己開示をする」
ステップァ峭福な偶然を手にする」を、
D.カーネギーさんの考え方(『道は開ける』)を使いながらご紹介しましょう。

◆ステップ 嵜瓦離丱薀鵐垢鯤櫃帖
 身体と心は一つですから、「心のバランス」は「身体のバランス」を一緒に考えるところから始めましょう。

≪疲労と心配事を予防し、活力とやる気を高く保つ方法≫
1.疲れる前に休む。
2.仕事の中でリラックスする工夫をする。
3.自宅でリラックスする工夫をする。
⇒ノートを一冊用意し、感銘を受けた言葉や文章を書き出す。精神的な「静脈注射」
4.仕事中の良き習慣
a.現在の課題に関係する以外の書類は、すべて机の上からなくする。
b.仕事は優先順位にそって進める。
c.問題に直面したら、意思決定に必要な事実があるのなら、「今ここ」で決定する。
d.組織化・委譲し・監視することを学ぶ。
5.「あたかも」仕事に熱意を持っているかのように取り組む。
6.睡眠不足で死んだ人はいない。身体がもとめれば、必ず眠れる。良くないのは、不眠そのものではなく、不眠を気にすること。
(出典: D.カーネギー『道は開ける』)

◆ステップ◆嵜看杙の問題解決を高める」
逆境とは、ありたい理想的姿と現状との間にギャップがあることを意味します。これが「問題」です。逆境を乗り切るためには、問題を解決する能力が求めせれます。ただ、気をつけなくてはならないことは、「問題解決」解決の前に、「ここまでやれている」という現状の肯定が必要です。でも今のままでは、満足できない、理想は高いから。理想に近づきたい、「もっとやりたい」という「問題解決したい」という動機がなくては、エネルギーがないのと同じです。

≪心配事についての基本心得≫
1.「1日単位で生きる」。将来を思い悩まず、夜、床に就くまでその日を生きぬく。
2.今度、心配事に見舞われたら、
a.「仮に問題を解決できないとしたら、最悪の事態は?」と自問する。
b.必要なら、最悪の事態を受け入れる心構えをする。
c.最悪の事態を受け入れる心構えをしたら、落ち着いて改善に注力する。

≪心配事の分析方法≫
1.事実を集める。「世の中の心配事の半分の原因は、必要な知識が十分にないにもかかわらず意思決定をしようとするから」
2.すべての事実を検討したら、意思決定する。
3.意思決定したら、行動する。決定を実行することに集中し、結果は心配しない。
4.問題が心配になったら、以下の問いへの解答を書き出す。
a.問題は何か?
b.問題の原因は何か?
c.どんな解決策があるか?
d.最善の解決策は何か?

≪心配事を克服する法≫
1.生活を多忙にして、心の中から心配事を追い出す。悩みの最善の対処法は、多忙さ。
2.小事はこだわらず、忘れてしまう。「人生短い」「もし再び太陽や星を拝むことができたら、もう決して悩んだりしない」
3.心配事には「平均値の法則」を使う。「これが実際に起こる可能性は?」と問う。
4.避けられないことや変えられないことは、受け入れ、折り合いをつける。
5.悩みに「損切り」ポイントを設定する。どこまで気にかけるかを決め、それを超える心配はしない。
6.過去は葬り去る。「覆水盆に還らず」
(出典: D.カーネギー『道は開ける』)

◆ステップ「自己イメージを高める」
あなたはどんな自己イメージをもっているでしょうか? 自己イメージが低い場合は、「こんな自分にならなくちゃ」と努力しても、長続きできず、途中で諦めてしまうことになります。
自己イメージを強化するには、こうなりたいと思えるモデルを具体的に持ち、自分がそのモデルのようになっているイメージ・トレーニングがお勧めです。さらに、「私は〇〇である」と言い切る習慣を作るとよいでしょう。ぜひ、「私は心の復元力が高い人間である」という自己宣言も忘れないように。

≪批判を気にしないコツ≫
1.理不尽な批判は形を変えた賞賛のこともある。こちらが他人に嫉妬やねたみを持たせたのが原因かもしれない。
2.ベストを尽くし、悪意ある批判は無視する。
3.自分の間違いを記録し、反省する。自分は完壁ではないのだから、忌揮のない建設的批判を求める。

≪心に平和と幸福を得る姿勢≫
1.平和と勇気、健康、希望で心を満たす。「思考が人生を形づくる」
2.仕返しない。相手より自分が深く傷つくことになる。気に食わない奴のことを考えて時問の無駄をしない。
3.他人から感謝されないことを気にしない。ごく普通のこと。キリストが10人のらい病患者を救った時、礼を言ったのは1人だけ。キリスト以上の感謝を期待できようか。
4.幸福を見つける唯一の方法は、他人からの感謝を期待することではなく、与える喜びだけのために与えること。
5.感謝の気持ちは「育む」もの。子どもに感謝の気持ちを持たせるには、感謝の気持ちを持つように訓練しなければならない。
6.問題を数えるのではなく、恵みを数える。
7.他人を真似しない。自分を発見し、自分自身でいる。「最高の自分になる」。
8.「運命がレモンをくれたら、レモネードをつくろう」
9.他人にちょっとした幸福を与えることで、自分の不幸を忘れる。他人に「よい」ことをするとは、自分に「最高」のことをすること。
(出典: D.カーネギー『道は開ける』)

◆ステップぁ崋己開示をする」
 私達は、自分が思っているイヤな面や 弱み等、意識的に隠しておきたい「隠ぺい領域」を持っています。部下を持つ上司の立場にある人が、この「隠ぺい領域」を開示しないままでいると、自分に対する部下からの「やめてほしいこと。やってほしいこと。」等のフィードバックが得られません。陰口となってしまいます。
 さらに、自分が思っているイヤな面や 弱み等を自己開示するメリットは、心が楽になるのです。肩肘張って生きているのは、疲れますよ。

◆ステップァ峭福な偶然(serendipity)を手にする」
 「幸福な偶然(serendipity)」とは、何かを探しているときに、予期せぬ出来事に出逢い、意味ある出来事として受け止めることで、価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉です。まあ、ふとした偶然をきっかけに閃きを得、幸運を掴み取る能力と言うことができるでしょう。
従って、実は、私達が逆境に出くわした時、そこに潜むプラス面に気づき、災いを福に転じる能力も、「幸福な偶然(serendipity)」なのです。松下幸之助さんは、自分が成功した理由を「金なし、学歴なし、病弱」という逆境のお陰だと語っておられました。正に、自分の置かれている逆境を、意味ある出来事として受け止めている方だということが分かります。
 「幸福な偶然(serendipity)」を手にしている人の体験談から学びましょう。
◎重病や事故、天災、倒産等、大きな困難を乗り越え、災いを福に転じた人の話を聞く
◎「人生最悪の出来事が人生最高の学びの体験」という人の話を聞く。
そうすれば、「どのようにして逆境を乗り切り、以前より大きな自分になったのか? どうすれば、日々幸福感を保ち続けられるのか?」を自分のものにすることが出来るでしょう。
| 心の復元力を高める | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/1630817
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。