会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 心の復元力を高める(2) | main | 心の復元力を高める(4) >>

心の復元力を高める(3)

JUGEMテーマ:ビジネス


〜セルフトークを点検する〜

 今号は、逆境に直面した時、心に生まれる「セルフトーク」の使い方を点検し、喜びにあふれた日々の作り方を、つい最近世を去った米アップルの創業者で前CEOのスティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学卒業式での言葉を引用しながら、考えてみましょう。

◆「セルフトーク」とは!
 私が最初にこの言葉を知ったのは、売れる営業マンと売れない営業マンの違いはどこから来るのだろうという疑問をもって、その理由を探した時でした。
 商談時、無意識に心に浮かんでくる、思いや独り言があります。この心の中で自分に語りかけてくる状態を「セルフトーク」と言います。このセルフトークが、営業マンとしての営業成績に、直接深く影響を与えているんですね。つまり、“自分に最も影響を与える人”は自分自身だということです。
売れる営業マンは、好ましい「セルフトーク」をしているし、売れない営業マンは、成約の機会を減らしてしまう好ましくない「セルフトーク」をしている。次に、セルフトークの例をあげてみましょう。

◆好ましくないセルフトークの例
・私に適性がないから、できない
・私は経験が浅いから、うまくいかない
・お客様は注文してくれないだろう
・お客様いつも安くしないと買ってくれない

◆好ましいセルフトークの例
・私に適性がなくても、誠実に取り組めばやれる
・私は経験が浅いが、先輩の力を借りてうまくやれる
・お客様が注文してくれる可能性はまだある
・お客様が価値を評価してくれれば、この値段でも買ってくれる

 以前の私は、営業成績は、商品知識や商談スキルの差だと思っていました。ところが、問題は、好ましくない「セルフトーク」だったんですね。

 私は、研修講師として、研修スタート時、自己紹介をしていただく場面をつくっています。そのテーマの一つが、「自分の好きなところ」「最近、楽しかったこと」などですが、時に、「好きなところはありません」「楽しかったことは無いです」という好ましくない「セルフトーク」が習慣になっている方がいらっしゃいます。
ぜひ「セルフトーク」の使い方を変えることで、人生を変えたいものですね。

◆スティーブ・ジョブス氏の名言(スタンフォード大の卒業式の講演)

 峪間は限られている。誰か他の人の人生を生きることで時間を無駄遣いしないで欲しい。定説――多くの人々の思考の結果に基づいて生きること――にとらわれないように。他人の意見というノイズに自分の内なる声がかき消されないように。そして最も重要なことだが、自分自身の興味と直感に従う勇気を持って欲しい。それらにはあなたが本当になりたいものが既に分かっている。それ以外はすべてそれほど重要ではない」
 ここで言われている「自分自身の興味と直感」という「セルフトーク」は、刷り込まれた世の中の定説ではなく、魂というレベルでの「セルフトーク」です。「自分の内なる声」を聴くことの大切さを教えてくれています。

◆嵬ね茲棒莢鵑蠅靴董点と点を繋げて見ることはできない。君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても、将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。」
 ここで言われている「将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていく」という言葉は、現状を無条件で肯定する「セルフトーク」が使えるようになる条件でしょう。ぜひ、お勧めしたい考え方です。

「当時は分からなかったが、アップル社に解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった。成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。何事につけても不確かさは増したが、私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた。」
 この言葉も、逆境に遭遇したときの好ましい「セルフトーク」が言えるようになるための考え方として、ぜひ、お勧めしたい考え方です。
| 心の復元力を高める | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/1630818
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。