会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< ナニワ商人の家訓 −淀屋と鴻池− | main | 近江商人−三方よしの経営− >>

京の老舗の家訓 −長寿の秘訣−

 千年の都、京都には創業三百年以上という老舗が今も、長寿を保っています。「広く浅く」よりも「狭く深く」の商いの姿勢こそがその秘訣という。

 七いろの味と香りで三百五十年の老舗である七味家の14代目、福嶌さんが結婚した時に、先代から伝えられた「七味家の家訓」の一部を紹介すると

 「みだりに実印を押したり、保証人にならないこと」
 「道楽は禁物。身の巡り、心の中を常に整理整頓しておくこと」
 「現状に感謝はすれども、満足せず、常に前向きの考えをもつこと」

などの他に、お酒が好きな14代目を気遣ったと思われる

 「交際上必要あるも酒は慎むこと」が書かれている。
 「自分の商売と女房に惚れること」などは、ちょっと微笑んでしまう親心
のように思える。

七味家では、家訓以外に社訓があり、「これからの商いは、どうして大きくするかより、どうしたら長続きするかを考えること。そこで、私たちは、どうすればお客様に喜んでもらえるかを考え実行しましょう」という理念を大切にしています。

 その姿勢が、山椒の原料が霜のせいで壊滅状態になった折に、どうしても、他所の原料では、香りが出せないと、三ヶ月ほど休業されたそうです。

 「一子相伝」という姿勢は、万が一の事故に会うリスクを考え、親子で一緒に旅行へも行かないという。このこだわりこそが、老舗の味を守り続けていく秘訣なのでしょう。
| マネジメント | 23:17 | comments(0) | trackbacks(1)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/529989
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/31 6:47 PM |

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。