会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 心の指針(8)−自由性− | main | リーダーシップの視点(2)−ダイアローグ(意見交換)− >>

リーダーシップの視点(1)−大志(アンビション)−

−大志(アンビション)−

10年近く経営品質向上活動を支援してきて、組織と個人の成熟度が高くなるか、どうかを決める決定的要因は、「経営幹部のリーダーシップ」にあることを改めて感じています。今回はシリーズとして、リーダーシップを取り上げることにいたします。
第一回目は、リーダーシップを発揮する条件である「大志(アンビション)」を取り上げます。
まず最初に考えたいことは、リーダーシップの概念です。
ハーバード・ビジネススクールのコッター教授は、変革期に求められるリーダーシップを『まず、第一に変革がもたらす結果に対し、社員に期待感を持たせ、変化する状況に社員をリードしていくパワーである。』と言っています。表現を変えるなら「明確なビジョンと具体的な経営戦略を策定し、その戦略の展開に向けてメンバーの動機付けをし、メンバーの心を一つにして、ビジョン実現に向けて組織集団を導く能力」と言うことができるでしょう。

そして、忘れてはならない大切な視点として、コッター教授は、成功する変革には、70〜90%のリーダーシップ」が中心であり、「10〜30%のマネジメント」が仕組みとして必要だと説いています。
経営品質活動の初期の頃の審査は、「仕組みづくり」のマネジメントを高く必要した時期がありましたが、組織を変革していくためには、「組織としての理想的な姿」を共有できるリーダーシップが不可欠だということが、強調されるようになりました。しかし、気を付けなければならないことは、スタンフォード大学のコリンズ教授が提起しているように「時を告げる天才ではなく、時を告げる時計というメカニズムを考える天才」が生まれる組織を創造できるリーダーシップでなければならないと言うことです。何故なら、一人で時を告げていた天才が去った後には、彼の代わりになる人がいないことになります。

◆変革期に求められるリーダーシップの役割
1.将来の方向性(ビジョン)・変えてはならない価値観を決める
達成するのに必要な変化を生み出すための戦略を作り上げる。
2.ビジョン・変えてはならない価値観を共有する
協力が必要となるあらゆる人々と、言葉と行動を持って価値観と方向性を共有する。ビジョンと戦略をもって変革チームに影響を与える。
3.社員を動機づけし勇気づける
自由闊達で透明性の高い組織風土・企業文化を形成できるよう、率先して行動し、社員を応援する。そのためには社員の声を聞き、仕事にやりがいが持てる、働きやすい環境をつくる。
4. 自主的に判断し、行動する権限を与える
ビジョン・変えてはならない価値観に基づき、メンバーが自主的に判断し、行動できるエンパワーされた職場をつくる。
5.喜んで協働し合うチームワークを形成する
 お互いに認め合い、尊敬し合い、補完し合い、協力し合い、本音でフィードバックし合える組織づくりに率先して、行動する。

 変革期に求められるリーダーシップを発揮できるリーダーこそ、「大志(アンビション)」を抱くリーダーです。
 経営幹部、一人ひとりにとっての大志(アンビション)とは、「自らの哲学・理想・理念を追求し、社会に無くてはならない企業活動を通して、お客様に、社員に、株主に、ビジネスパートナーに、地域社会に喜ばれるこんな仕事がしたい、だからこんな会社にしたい」という熱い思い、意図です。心から、そんな大志(アンビション)を持つリーダーであってほしいと願わざるを得ません。その大志(アンビション)の有無こそが、リーダーとしての証です。いくら、経営ビジョン・経営理念・価値観を共有しようと、毎朝、唱和しようが、説明書を作ろうが、経営幹部に熱い大志がなかったら、無意味なのです。
 全社員が短期的な課題に目を奪われた活動に終始するのではなく、長期的な視野にたったビジョナリー・カンパニーであるためには、大志を持つアンビシャスな企業こそが21世紀を代表する経営品質の高い組織を実現していけることを確信しています。

ご存知の方も多いと思いますが、米国商務省のマルコム・ボルドリッジ賞を世界で初めて 2 度受賞した唯一のホテル企業として、ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーがあります。このホテルの価値観と理念を結集されたゴールド スタンダードの中に「従業員への約束」という従業員をとても大切にしている表現があります。
その後段に『・・・多様性を尊重し、充実した生活を深め、個人の志を実現し、リッツ・カールトン・ミスティークを高める…リッツ・カールトンは、このような職場環境を育みます。』と、「個人の志」の実現を謳っています。
経営幹部たる者、まず、自らが手本となり、一人の人間として、大志(アンビション)を抱き、高い経営理念の実現に残りの生涯を掛けたいものです。
| リーダーシップの視点 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/874136
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。