会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ

人材教育の株式会社総合教育研究所

<< 活きるヒント(4) 理想と現実 | main | 組織を革新するリーダーの条件 (1) −変革者であること− >>

新入社員の採用はトップの意思決定―採用基準―

 間もなく、就職活動が最盛期を迎えます。皆様の会社はいかがでしょうか。私もIT系の企業のお客様から新卒学生の採用を頼まれることがあります。専門学校でコンピュータを専攻している学生を紹介したケースを取り上げてみましょう。
 まず、中小企業の場合は、会社のブランドがあまり無いケースが多いのですから、学生を採用する試験の前に、会社が学生の採用試験に合格しなければなりません。応募してもらい、内定に対してOKを出してもらえる採用面接をする必要があります。
 実は、ご紹介したけれど、内定を出した学生の半分も入社してくれればいいなと思っていたところ、大半の学生がOKだったのにはビックリしました。その理由が今回のテーマ「新入社員の採用はトップの意思決定」そのものなのです。
 会社説明会では、まず、トップは出て行かないものですが、トップから直接、熱いメッセージをもらえると、強烈なインパクトがあるんですね。
先手必勝です。もちろん、内定者の入社率が高かったのは、「社長の魅力」に他なりません。

《誰が採用面接を担当するのがいいか》
 もちろん、第一に社長自ら採用面接を担当するということです。中小企業の場合は、できるだけ早い面接で、必ず社長が行うことが原則です。最低、立ち会うようにしましょう。自社にふさわしい、役に立つ人材を採用したいと思うなら、必ずそうすべきです。
「中小企業の顔は社長」といわれるように、中小企業の魅力は「社長」です。そして、社長の性格が会社の性格であり、社長の人格が会社の社格なんですね。
最近、よく「人材」を「人財」と呼ぶようになりました。
では、どんな社員が「人財」になるのでしょうか。
その答えは、簡単です。中小企業の場合は、学歴でも頭の良さでもありません。社長との人間関係が良い社員、つまり、社長から目を掛けられ、期待される社員なのです。中小企業では、何よりも社長と社員一人ひとりとの人間関係こそが大切になります。社長との人間関係こそが直接、仕事のやる気に影響することを忘れてはなりません。社長自身が面接の場に出て応募者と面談をすることを通し、応募する学生が、「社長に憧れる」ようにするということです。「社長を尊敬し、社長のようになりたい。社長が掲げる経営ビジョンと経営理念を社長と一緒に実現したい」と思う学生を採用したいものです。能力は、二の次です。社長を批判する、嫌う雰囲気がある学生は採っては、なりません。結局、辞めて行くことになるからです。

 次に、「基本的な採用基準」の考え方をご紹介しましょう。
さまざまな要素をもつ複合体である人間を立体的に測定できる適性診断が、採用面接では材料として欲しいところです。 すなわち、
1:どういう性格・パーソナリティか(性格・個性面)
⇒思索型・活動型・努力型・積極型・自制型
2:どういう関心事・興味領域をもっているか(興味・価値観)
⇒日常周辺事型・客観・科学型・社会・経済型・心理・情緒型・審美・芸術型
3:職場で必要とされる基礎的な社会性は高いか(社会性)
 ⇒積極性・協調性・責任感・自己信頼性・指導性・共感性・感情安定性・従順性・自主性・モラトリアム傾向
4:どういうことに意欲・ヤル気を出すか(欲求傾向)
⇒達成欲求・親和欲求・求知欲求・顕示欲求・秩序欲求・物質的欲望・危機耐性・自律欲求・支配欲求・勤労意欲

の4つの領域から個人の特性を測定し、全体的なイメージを把握できるようになるCUBIC個人特性分析を、弊社ではお勧めしています。
 そして「採用判定」が目安として得られます。

◆定着性・安定性 
 これは定着・安定性に必要とされる因子(持続性、責任感、危機耐性、勤労意欲など)にそれぞれ基準値を設け、その基準点を上回った場合プラス○○点、下回った場合マイナス○○点と計算し、基本的にプラス傾向にあれば問題はありません。ただし、「A」「B」といったコメントがでた場合でも、この部分が-2や-5を表示することがあります。こういった人物は入社後に活躍する場合がありますが、環境が自分にそぐわないと感じたり、可能性をほかに見出したりした際に、退職してしまうことも考えられます。しかし、組織に適合するための教育をすることが重要であり、受け入れる側の責任も有るということを忘れてはなりません。

◆CUBIC個人特性分析の判定結果
 採用判定には「A〜E」の5つ分類を用意しています。これらは、CUBICのそれぞれの因子を分析し、さまざまな職務に対して企業人として業績を残しうるだけの適性をどれほど有しているかを判断し、コメントしています。CUBICの成績を適性の幅として置き直してみると、良質な因子(特に思索客観性・活動身体性・努力持続型・積極競争性・責任感・指導性・達成欲求・危機耐性・勤労意欲等)の得点が高い、つまりCUBICの成績が高いほど、さまざまな職務に対し業績を残す可能性が高いことを意味します。
ご興味のある方はお問い合わせください。
1名様「無料診断」も行っております。
| 人材採用と人財開発 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iroha.sogokyouiku.com/trackback/923766
トラックバック

<ご相談・資料請求などは、下記までお気軽にどうぞ。>

このページの先頭へ
更新情報
最近のもの
カテゴリー
過去のいろは帖
総合教育研究所代表 石橋正利のブログ
更新情報
【 無料メールマガジン 】

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けする無料のメールマガジンです。
メール版をご希望の方は、こちらからカンタンに登録が出来ます。

※「まぐまぐ!」にてメルマが発行しています。 ボタンを押すと、「まぐまぐ」登録完了画面に移動します。